看護=医療+介護です。

「看護」と「介護」は、役割に違いがあります。以下に主な違いを説明いたします。

医療行為に対応できる

医療的な操作が難しい介護士様にかわり、酸素や点滴などあらゆる医療行為に対応することが最も大きな違いです。お医者様から許可を受けて、外出先でも普段と同じ治療内容を継続することができます。

医療行為の詳細はこちら

治療の判断ができる

介護士様には服薬の介助をいただくことが可能です。看護師は内服に加え注射薬なども使用できること、処方箋に基づき医師に代わって適切なタイミングを判断、実施できることが資格の強みとなっています。

症状が変わっても対応できる

当日までに医療処置(点滴、酸素など)が追加になった場合、介護サービスでは対応不可となりキャンセルせざるを得ないことも。
「かなえるナース」は看護師が常に帯同するため、あらゆる治療に対応。当日までに状況が変化しても、お医者様とご家族様の同意があれば問題ありません。当日までの期間が長く、体調に不安がある方などに安心してご契約いただけます。

医療行為の具体例

医師の同意があれば、その他の医療行為にも対応しております。

点滴

持ち運び用のポンプを使い、外出が可能です。痛み止めの注射なども対応しています。

酸素

管理だけでなく、症状に応じた酸素量の増減にも対応します。

吸引

ポータブルの吸引器を用いて、外出先でも気管内吸引対応が可能です。気管切開中の方もご安心ください。

処方せんに応じ、注射薬やとん服薬の適切な使用が可能です。

栄養

経管栄養なども、医師の指示をもとに、病院での運用を継続いたします。

排泄

人工肛門、ストーマの管理、交換作業などもスムーズに行うことができます。

食事

飲み込む力に応じて、適切な方法で介助いたします。